ジフルカンの効果

ジフルカンは、カビの一種である真菌に対してはたらく医薬品で、これら真菌が原因となっているカンジダ症には特に効果が高いとされています。カンジダ症の治療目的であれば、ジフルカンを毎日1回、口から飲むだけで、有効成分が体内にとり込まれて効果を発揮します。
カンジダ症は、真菌のカンジダ菌によるもので、寝不足や仕事からくるストレスなどによって、体の機能が弱っているときに発症しやすいとされています。真菌そのものはごく普通に自然界に存在するものであり、健康体であればカンジダ菌をはねのけるだけの防衛力はもっています。ところが、こうした機能低下時には体がカンジダ菌に負けてしまい、患部が赤くはれたり、膿をもったできものが生じたりします。陰部でこのカンジダ症が発症した場合には、女性のおりものが増えたり、かゆみが出たり、排尿時に痛くなったりといった症状をともなうこともあります。
真菌というのは、細胞のなかにあるさまざまな物資を守るために、外側に細胞膜とよばれる脂質の膜をもっています。その脂質が合成されるのを阻害するのがジフルカンの作用であり、正常に菌糸を伸ばせなくなってしまった真菌は生長がそこでストップしてしまいます。こうしたことによって、ジフルカンは病気の原因となっているカンジダ菌を体内から駆逐することができるのです。
医薬品である以上は、こうした病気治療の効果と裏腹の関係として、副作用もみられますが、他の医薬品と比べると少なく、下痢、吐き気、腹痛、発疹などが主なものとなります。そのほか、まれに服用時にアナフィラキシーショックのような重大な副作用がでることもないわけではありませんので、そうした場合はすみやかに病院を受診することが大切です。